セルフエステを開業する際の流れとそのメリットについて詳しく解説!

セルフエステを開業する際の流れとそのメリットについて詳しく解説!

エステの歴史は、古代エジプトのクレオパトラの時代に遡り、当時から脱毛やボディマッサージの先駆けとなる施術が行われていました。近年、エステサロンの中で注目されているビジネスモデルがセルフエステサロンです。セルフエステサロンとは、顧客自身で機材を操作し、施術するサロンを指します。

痩身、脱毛、美容・ホワイトニングなどのメニューにも対応し、性別を問わず多くの人が利用しています。近年ではエステ機材の性能が向上したことから、顧客自身で施術をしても効果を出しやすくない傾向にあります。

本記事ではセルフエステサロンの開業ステップと開業におけるメリットを解説します。そして、セルフエステサロンの運営における予約システムの目的や導入メリットについても紹介します。

開業ステップ

セルフエステサロンの開業を進めるにあたり、以下のステップを押さえて準備していくことが大切です。

コンセプトの立案

セルフエステサロンの開業前に、今後の施設の方向性となるコンセプトを立案します。施設コンセプトを明確にすることで、顧客に対して提供する価値を定められます。

施設コンセプトとして、以下のポイントを考慮することが重要です。

・ ターゲットの特定
セルフエステサロンのターゲットの設定として、女性に特化したトータルエステサロン、お腹周りなど特定の部位に悩みを抱える顧客へのサービス提供などが挙げられます。対象となるターゲット層の年齢、性別、施術内容によって、設定すべきサービス料金の設定が変化します。

差別化戦略
差別化戦略を実施することで、自身のサロンが顧客に選ばれやすくなり、ロイヤルティの形成につなげられます。差別化の要素として、高性能なエステ器具を導入することやアクセスしやい立地に店舗を構えることが挙げらえます。

店舗デザインと設備の配置

機器選定と配置のポイント

セルフエステに最適な機器を選定し、顧客が使いやすいように効率的な配置を考えることが大切です。最新の技術を取り入れることで、サービスの質を高め、顧客満足度向上につなげられます。例えば、触れるだけで操作できるタッチスクリーン式のマッサージ機器を導入し、使いやすさの良さをアピールします。

快適性を重視したデザイン

店舗のデザインは顧客の快適性を優先的に考え、リラックスできる空間作りを心がけます。清潔感のある内装や心地よい照明設計が、顧客のリピート率を高めるポイントです。快適な待合室や個室の導入、静かで落ち着く音楽の選定も重要です。

物件選びのポイント

セルフエステサロンの物件を選ぶ際に注意すべきポイントは以下の通りです。

立地条件

セルフエステサロンの物件選びで重要な要素は、人通りの多い場所に出店することです。 人通りの多い道沿いの物件は、通行人の目に留まりやすく新規顧客を獲得しやすくなります。

事業展望と必要なスペース

どんなセルフエステサロン事業を展開していくかを具体的にイメージすることで、用意すべきスペースが可視化できます。例えば、スタッフを雇用する際は、ロッカーや鏡などを置いても十分なスペースであるかも確認します。また、サロン内に痩身や脱毛など、設置する機材の種類や個数を決めることも重要です。

今後の事業の方向性や規模を踏まえたうえで、物件選定を行っていきましょう。

事業計画の立て方

事業計画を策定するうえで、どれくらいの規模で事業を実施するのか、開業資金やランニングコスト、収益見込みなどを考慮します。また、物件家賃や人件費などのランニングコストは、慎重に仮説検証して、正確な数値を算出することが重要です。正確な事業計画を策定することで、資金調達をしやすくなり、資金難に陥るリスクを下げられます。

資金調達方法

適切な資金調達方法を選ぶことは、事業の成功に直結します。ここでは、主に考慮すべき資金調達のオプションとその特徴を紹介します。

開業資金の調達方法は主として、助成金や融資、クラウドファンディングが挙げられます。多角的な方法を踏まえることで、自身に適した資金調達を実施することが重要です。

助成金

助成金は、地方自治体や財団法人などの団体が特定の条件を満たす事業者に対して無償で提供する経済的支援を指します。助成金は後払いで事業者に入金されることが特徴です。

助成金の審査をするうえで、計画的な資金計画が求められます。

参考サイト:近畿経済産業局 「補助金採択後は、書類整理も重要です!

金融機関からの融資

開業資金が不足している場合は、金融機関からの借入れを検討します。信用情報や事業計画の内容に基づいて、金融機関から融資を受けることができます。融資の条件や金利、返済計画をしっかりと把握し、事業の収益性を損なわない範囲で借入れを行うことが重要です。

・東北銀行 「創業支援ローン 〜起業のとびら〜
・千葉銀行 「ちばぎん地方創生融資制度
・福岡銀行 「創業支援

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、プロジェクト・事業を立ち上げた人に対し、多くの支援者から資金を募る仕組みを指します。銀行ローンや投資家からの資金調達と異なり、借金を背負うリスクがなく、事業に失敗しても負債が残らないことが特徴です。

一方で、世間から魅力的な企画として認知されないと、目標金額の達成が難しくなる可能性があります。

クラウドファンディングで資金調達をしたプロジェクトの例

・CELLAVI(セラビィ)「【鳥取駅近】女性専用の無人セルフ脱毛サロンをオープン!月額制で24時間使い放題!

セルフエステサロン開業のメリット

初期投資と運営コストの削減

従来のエステサロンと比較して、セルフエステサロンを開業する際の初期投資は大幅に抑えることが可能です。主な理由として、専門のセラピストを雇用する必要がないため、人件費が削減しやすいからです。

運営コストについても、定期的な人材教育や高額な労務費が不要であるため、効率的な運営が容易となります。

事業展開のしやすさ

セルフサービス形式のため、従業員の管理が大幅に簡略化され、運営者は低コストでビジネスを回しやすく、最小限の人員で運営が可能となります。多店舗展開がしやすくなり、事業展開が容易になります。このような運営の柔軟性が、ビジネスの成長機会を広げられる要素となります。

スタッフの教育が不要

セルフエステサロンでは、顧客自身で希望の箇所に施術を行うため、技術的なトレーニングを受けたスタッフを雇う必要がありません。これにより、高度なスキルを持つスタッフの確保という課題を回避できます。

一方で、スタッフの接客態度やサロンの衛生管理を重視する顧客もいるため、一定の管理体制は求められます。

省スペースでの開業

従来のエステサロンと比較して、セルフエステサロンは多くの機器や個室が不要となります。顧客が共用の機器を利用することが多いため、限られたスペースでも効率的に運営することが可能です。

セルフエステサロン向けの予約システムとは

セルフエステサロンの予約システムは、サロンの予約や顧客の管理を自動で行うシステムです。物件を契約しサロンを開業した際に導入しておくことで、サロンの運営を円滑化できます。

予約システムの導入メリット

セルフエステサロンに予約システムを導入するメリットは数多く存在します。以下で、特に効果的なメリットを紹介します。

・業務効率化
予約システムは予約受付や顧客情報を自動で管理します。人の手により紙やExcelで管理する必要がありません。書き間違いや聞き間違いなどの人為的ミスも発生しなくなり、正確で効率的なサロンの運営が実現します。

・費用削減
予約システムの自動管理機能は、費用の削減にも効果的です。予約や顧客の情報はデータ化されるので、大量の紙やスタッフの管理に費やしていた経費は低減されます。

・マーケティングの強化
予約システムを通じて集められる顧客データを分析し、ターゲット市場の動向や顧客需要を把握することができます。このデータを基に、効果的なマーケティング戦略を立案可能です。

・顧客体験の向上
予約の確認や変更をオンラインで簡単に行えることで、顧客の利便性が向上します。また、待ち時間の短縮やスムーズな受付も実現し、顧客の満足度を高められます。

セルフエステサロン運営に役立つ予約システムの機能

予約システムはさまざまな種類が存在しています。それぞれ特徴が異なるため、自身のサロンに適した予約管理システムを判別することが必要です。

予約リマインドメール機能

予約リマインドメール機能は、予約が完了した顧客に予約状況の再確認通知を配信する機能です。この機能により、顧客にサロンの日程を思い出させます。

Googleカレンダー連携機能

Googleカレンダー連携機能は、予約サイトで受け付けた予約をGoogleカレンダーに反映し、Googleカレンダーの予定をRESERVAの予約カレンダーに反映する機能です。顧客は手動で入力する手間を省くことができ、日程の管理が楽になります。

キャンセル待ち機能

キャンセル待ち機能は、予約が埋まっている予約枠にキャンセルが生じた際、キャンセル待ちをしている予約者に対して通知を自動で送る機能です。忙しい日常を送っている顧客でも予約を確保しやすくなります。

予約時アンケート機能

予約時アンケート機能は、予約受付時に事前アンケートの入力を促す機能です。事前にアンケートを入力してもらうことで、顧客の要望を施術前に知ることが可能で、丁寧なサービスの提供につなげられます。

まとめ

本記事ではセルフエステサロンの開業手順と開業のメリットについて解説しました。セルフエステサロンの運営に向けて予約システムを活用することで、効率的な店舗管理ができます。セルフエステサロンの運営を効率良く利用するため必要な経営計画やスキルを多角的に学び、経営を行っていきましょう。

セルフエステサロンの運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!
美容室運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!画像引用元:RESERVA公式ホームページ

セルフエステサロンの運営におすすめの機能が豊富な予約システムRESERVAを紹介します。「RESERVA(レゼルバ)」は導入数26万社を超え、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約管理システムです。RESERVAは、業界・業種問わず350種類以上の業態で利用されています。

パソコン・スマホ・タブレットに対応しており、最短3分で予約システムを作成できます。管理画面もシンプルでわかりやすいため、初めての予約システムに最適です。予約受付・顧客管理をはじめとする多くの機能が無料から利用可能で、開業直後の忙しい時期でも使うことができます。

RESERVAに搭載された豊富な機能は、業務効率の改善や費用の削減だけでなく、セルフエステサロンの集客にも大いに役立ちます。ぜひ利用を検討してみてください。