美容室経営で押さえるべき5つのポイントとは?

美容室経営で押さえるべき5つのポイントとは?

美容室は、人々の生活に密着した欠かせないサービスを提供しています。美容室を経営するにあたっては、施設の運営費や維持費、顧客満足度の向上、最新の技術の導入など、さまざまな要素をバランスよく管理する必要があります。

厚生労働省の「令和4年度衛生行政報告例」によると、平成24年(2012)に23万1,134施設であった美容所は、令和4年(2022年)には26万9,889施設まで増加しました。美容室の店舗数は増加している一方、競争が激化しているため、美容室業界を取り巻く環境は厳しくなっています。

しかし、適切な戦略と経営計画があれば、安定した経営を実現することが可能です。経営の過程では、問題解決の手段を常に探し、改善や成功への道を目指す必要があります。本記事では美容室経営で押さえるべき5つのポイントについて解説していきます。そして、美容室向けの予約システムにおける目的や導入メリットについても紹介します。

①立地の選定

顧客ターゲットの把握

美容室の立地を決定する際に最も重要なことは、顧客ターゲットを明確にすることです。ターゲットとする顧客層が多く集まるエリアを選び、日常生活の中でアクセスしやすい場所に店舗を構えることが重要です。

例えば、若い20代女性をターゲットとする場合、大学周辺や繁華街が適した立地となります。一方で家族連れや年配者をターゲットにする場合は、住宅街やショッピングモールが相応しいといえます。

周辺競合の調査

周辺の競合美容室が提供しているサービス内容や価格帯、特長、店舗数を把握することで、自社のポジショニングを明確にできます。競合よりも魅力的な価格や付加価値を提供することで、顧客獲得につなげられます。

また、継続的に競合調査を行うことで市場の動向を把握し、適切な経営判断を下すことが可能です。

アクセスと駐車場の確保

立地選びの際には、顧客がアクセスしやすい場所に店舗を構えることが不可欠です。公共交通機関の利用が便利な場所にあるかどうか、あるいは自家用車を利用する顧客向けの駐車スペースがあるかを確認します。

特に都市部では、駐車場の有無が集客に大きく影響することがあります。駐車場が充実しているかどうかを確認し、必要に応じて提携駐車場の利用も検討しましょう。

②スタッフのモチベーション向上

キャリアパスの提供

スタッフが長期にわたって働くためには、明確なキャリアパスを提供することが重要です。キャリアアップの機会があれば、スタッフは自己成長に対して前向きな気持ちを持ち続けられます。

スタッフのモチベーション向上につながる取り組み

・定期的な昇進試験や評価制度を実施することで、スタッフの努力を正当に評価する

・スキルアップに向けた専門的な研修や講習会を提供し、常に最新の技術を学べる環境を整える

・新しいポジションやリーダーシップの機会を提案し、スタッフが自分のキャリアにおいて成長するチャンスを作る

これらの取り組みにより、スタッフは自分の努力が評価され、成長のチャンスがあると感じられる環境を作れます。長期的な視野での人材育成が可能となり、企業全体の成長にもつながります。

スタッフ教育とトレーニング

スタッフのスキルや知識を高めるためには、継続的なスタッフ教育とトレーニングが重要です。美容業界は常に変化しており、最新の技術やトレンドに対応するための教育が求められています。

スタッフ教育とトレーニングに向けた取り組み

・業界トレンドに対応するため、定期的なセミナーやワークショップを開催する

・新しい技術や製品の導入に伴う内部研修を実施し、実践的なスキルを向上につなげる

・外部の専門家を招いた特別講座を定期的に開催し、多角的な視点での教育を提供する

これにより、スタッフは常に新しい情報や技術を学ぶ機会を持ち、美容室全体のサービスの質を向上させることが可能です。また、教育の質が高い職場は、スタッフの満足度向上にもつながります。

福利厚生の充実

スタッフが満足して働ける環境を提供するためには、福利厚生の充実が不可欠です。福利厚生が整備されていることで、スタッフの従業員満足度が向上し、離職率の低下にもつながります。

これらの福利厚生を提供することで、スタッフが働きやすい環境を整えることができ、長期的な雇用の維持にもつながります。

③マーケティング戦略の策定

美容室開業の成功は、ターゲット市場の特定が重要な要素となります。サロンのマーケティング戦略において、以下のポイントを押さえて活動していくことが大切です。

オンラインマーケティング戦略

現代の消費者は情報をインターネットで検索し、オンライン上の口コミやレビューを通じて判断を下します。美容室のオンラインプレゼンスを最大化することが集客には不可欠です。

以下に、美容室のマーケティングをするうえで重要なポイントを紹介します。

SEO対策でサイト検索からの集客

SEO(検索エンジン最適化)対策を実施することで、検索エンジンの中で上位表示されるようになり、美容室を探しているユーザーに自社の情報をダイレクトに届けられます。検索流入が増えると、Web集客が加速するので集客効果を高めることができます。

ソーシャルメディア活用

InstagramやFacebookなどのソーシャルメディアは集客において強力なツールとなります。ターゲットオーディエンスが多く利用しているプラットフォームを選び、魅力的なビジュアルコンテンツやユーザーの関与を促す投稿を行うことが肝心です。

また、インフルエンサーとのコラボレーションを通じて、リーチを拡大することも有効な戦略の一つです。そのうえで、ブランドの価値と一致するインフルエンサーを選び、効果的なコラボレーションが求められます。

MEO対策

スマートフォンの普及により、実店舗へのアクセスがオンライン検索を通じて増加しています。店舗運営にあたっては、Googleマイビジネスの設定、ウェブサイトとGoogleマップの連携、口コミなどマップ上での宣伝戦略を活用することが必要です。

これらの施策は、店舗のオンラインでの視認性を高め、集客をするうえで有利になります。

リテンションマーケティング

リテンションマーケティングとは、顧客との継続的な関係の構築に向けたマーケティング戦略を指します。下記で具体的な取り組みを紹介します。

顧客エンゲージメントの向上

メールマーケティングや会員限定イベント、SNSでの積極的なコミュニケーションを通じて、顧客との関係を強化します。顧客が関わりたいと思うブランドや体験を提供することで、エンゲージメントと顧客満足度を高められます。

④サービスの品質向上

最新トレンドの導入

美容業界では、常に新しいトレンドが生まれています。最新のトレンドを取り入れることで、顧客満足度を高め、競合他社との差別化を図ることができます。

ヘアスタイルの例:パーマ、ショートヘア、バレイヤージュカラー

美容技術の例:マイクロブレーディング、ヘアリペアトリートメント

ビューティー商品の例:オーガニック商品、サスティナブル商品

個別カウンセリングの実施

顧客一人ひとりのニーズに応えるために、個別カウンセリングは欠かせません。丁寧にヒアリングを行い、最適なサービスを提案することで、信頼関係を築きます。

ヘアスタイルの提案:顔型や髪質に合わせたスタイル提案

髪の健康管理:抜け毛やダメージの相談

ビューティーアドバイス:日常のヘアケア方法、使用する製品の提案

アフターケアーの充実

顧客がサロンで施術を受けた後、自宅でのケアやスタイリングの方法を適切に伝えることが重要です。また、施術後のアフターケアセッションを提供することで、顧客の疑問や課題の可視化につなげられます。

これらの取り組みを行うことで、特に新規顧客が満足度を感じやすく、リピーターとして来店を促進することができます。

⑤経営管理の見直し

財務管理の重要性

財務管理は経営の基盤であり、美容室の成功に不可欠です。収入と支出のバランスを取り、適切な会計処理を行うことで、経営の健全性を確保します。

以下のポイントを具体的に考慮しましょう。

支出の確認:設備投資や人件費、広告費などの支出を管理し、予算内で運営します。突然の出費に備えるため、予備費も確保しておきましょう。

利益率の把握:各サービスの利益率を理解し、収益性の低いサービスの見直しを行います。市場ニーズに応じてサービスをブラッシュアップすることも重要です。

税務対策:税務申告の際に必要な書類を整理し、税理士と連携して適切な節税対策を講じます。税制改正にも対応できる最新情報をアップデートすることが重要です。

顧客管理システムの利用

顧客管理システム(CRM)の導入は、美容室の顧客情報を一元管理し、サービスの向上やリピーターの増加に役立ちます。具体的な特徴は次のとおりです。

顧客データの登録・管理:顧客における氏名、連絡先、過去の来店履歴、好みのヘアスタイルなどを記録します。これにより、パーソナライズされたサービス提供ができます。

予約管理機能:オンライン予約システムを導入し、簡単に予約が取れる環境を提供します。キャンセルやリスケジュールもシステム上で対応可能です。

プロモーションの実施:顧客の誕生日や特定のイベントに合わせてメッセージを自動送信し、特別なオファーを提供します。

フィードバックの管理:顧客の評価やレビューを分析し、サービスの改善に役立てます。定期的なアンケートも効果的です。

定期的な経営分析

定期的な経営分析は、現状の課題を把握し、改善策を講じるために重要です。以下の手法を用いて経営の状況を分析します。

売上分析:月次、四半期ごとの売上データを比較し、売上の傾向やシーズナリティを把握します。これにより、季節による売上の変動を予測しやすくなります。

顧客分析:新規顧客とリピーターの割合を把握し、新規顧客獲得の施策やリピーター増加の施策を見直します。どのプロモーションが効果的だったかを解析することが重要です。

競合分析:周辺の競合店の動向を定期的にチェックし、競争力を維持するための戦略を立てます。競合店の強みと弱みを理解することで、自店舗の改善点を可視化できます。

コスト分析:固定費と変動費の内訳を確認し、コスト削減の余地を探ります。また、節約が可能な箇所を定期的に見直すことも大切です。

美容室の向けの予約システムとは

美容室の予約システムは、美容室の予約や顧客の管理を自動で行うシステムです。美容室の開業時に導入しておくことで、店舗運営を円滑化できます。

予約システムの導入メリット

美容室のに予約システムを導入するメリットは数多く存在します。以下で、特に効果的なメリットを紹介します。

・業務効率化
予約システムは予約受付や顧客情報を自動で管理します。人の手により紙やExcelで管理する必要がありません。書き間違いや聞き間違いなどの人為的ミスも発生しなくなり、効率的な店舗運営が実現します。

・費用削減
予約システムの自動管理機能は、費用の削減にも効果的です。予約や顧客の情報はデータ化されるため、大量の紙やスタッフの管理に費やしていた経費は低減されます。

・マーケティングの強化
予約システムを通じて集められる顧客データを分析し、ターゲット市場の動向や顧客需要を把握することができます。このデータを基に、効果的なマーケティング戦略を立案可能です。

・顧客体験の向上
予約の確認や変更をオンラインで簡単に行えることで、顧客の利便性が向上します。また、待ち時間の短縮やスムーズな受付も実現し、顧客の満足度を高められます。

美容室運営に役立つ予約システムの機能

予約システムはさまざまな種類が存在しています。それぞれ特徴が異なるため、自身の美容室に適した予約管理システムを判別することが必要です。

担当者スケジュール表

各担当者の時間帯別の予約状況が確認できる担当者スケジュール表を活用することで、美容室の運営者はどの担当者にいつ予約が入っているかを可視化できます。担当者を絞り込みを行い表示することもできるため、運営の効率化につなげられます。

Googleカレンダー連携機能

Googleカレンダー連携機能は、予約サイトで受け付けた予約をGoogleカレンダーに反映し、Googleカレンダーの予定をRESERVAの予約カレンダーに反映する機能です。顧客は手動で入力する手間を省くことができ、日程の管理が楽になります。

顧客満足度調査

顧客満足度調査は、顧客のサービス利用後に顧客ロイヤルティのスコアを計測でき機能です。顧客ロイヤリティを数値化することで、美容室の顧客接点におけるサービスの評価や改善に役立てられます。

予約時アンケート機能

予約時アンケート機能は、予約受付時に事前アンケートの入力を促す機能です。事前にアンケートを入力してもらうことで、顧客の要望を施術前に知ることが可能で、丁寧なサービスの提供につなげられます。

まとめ

美容室の経営をする際は、ポイントを押さえて準備を万端にすることが大切です。本記事で紹介したポイントを押さえることで、美容室経営を成功に導くことができます。特に予約システムの導入は、さまざまなメリットが存在するため、経営時に取り組むべき重要な施策です。

美容室の運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!
美容室運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!画像引用元:RESERVA公式ホームページ

美容室の運営におすすめの機能が豊富な予約システムRESERVAを紹介します。「RESERVA(レゼルバ)」は導入数28万社を超え、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約管理システムです。RESERVAは、業界・業種問わず350種類以上の業態で利用されています。

パソコン・スマホ・タブレットに対応しており、最短3分で予約システムを作成できます。管理画面もシンプルでわかりやすいため、初めての予約システムに最適です。予約受付・顧客管理をはじめとする多くの機能が無料から利用可能で、開業直後の忙しい時期でも使うことができます。

RESERVAに搭載された豊富な機能は、業務効率の改善や費用の削減だけでなく、美容室の集客にも大いに役立ちます。ぜひ利用を検討してみてください。